×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。






相模の屋根・丹沢山塊
丹沢山塊(10)・西丹沢の主峰

丹沢の主峰・蛭が岳(1673m)は
丹沢山地では最も奥深いところにある山であるが、
頂上付近はブナなどの樹林も少なく、
山塊一の標高を誇るだけあって見通しも良い。
天気が良ければ頂上から富士山や南アルプス、
八ヶ岳、奥秩父などの山々を一望することができる。


目次;index
赤字は各頁へリンクします)

index 丹沢山塊(1) 丹沢山塊(2) 丹沢山塊(3) 丹沢山塊(4)
丹沢山塊(5)
丹沢山塊(6) 丹沢山塊(7) 丹沢山塊(8) 丹沢山塊(9) 丹沢山塊(10) 丹沢山塊(11)
丹沢山登行(1) 丹沢山登行(2) 丹沢山登行(3) 丹沢山登行(4) . .

        
旅と山旅     槍−穂高縦走     立山、剣登山      山行記録     関東百名山     日本百名山

【本文関連情報

×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

(標題はブログにリンクします)


丹沢山塊(10) 「丹沢の主峰





写真:丹沢山塊の主峰・「蛭ヶ岳」(1673m)と山頂(下)



蛭ヶ岳山荘



丹沢の主峰・蛭が岳・・、
山塊中央に聳える主峰は標高1673mで、神奈川県の最高峰でもある。


かつては山岳修行の山で、蛭ヶ岳の山頂には薬師如来や毘盧遮那仏(びるしゃなぶつ)など多くの仏像が祀られていたという。 

これから別名の薬師岳や毘盧ヶ岳と呼ばれるようになり、毘盧ヶ岳が転じて蛭ヶ岳になったと言われている。


又、この他にも「この山に蛭(ヤマビル)が多いから」と言う理由でつけられたという尤もらしい言い回しもあるが、有難くない名前であり、尚、この山域には高所でありジメジメした湿性の箇所は存在せず、山蛭などは生息しないであろうと思われるが・・?。 


蛭が岳は丹沢山地では最も奥深いところにある山であるが、頂上付近はブナなどの樹林も少なく、山塊一の標高を誇るだけあって見通しも良い。

天気が良ければ頂上から富士山や南アルプス、八ヶ岳、奥秩父などの山々を一望することができる。 


最も一般的なコースといして、南北に縦断する「丹沢主脈」ルートで、ヤビツ峠や大倉から登って塔ノ岳、丹沢山、蛭ヶ岳そして、ヒメツギ、焼山を越えて道志の青野原、西野々へ到る。
頂上・蛭ヶ岳まで最低5〜6時間はかかり、麓までは4時間以上かかる。

1日コースとしては超健脚者向きであろう。

尚、蛭ヶ岳より西へ向かって進み、桧洞丸、大室山などを経て西丹・箒沢へ下るのを「丹沢主稜」コースといって、主脈より尚一層ハードなルーととなっている。



【本文関連情報



蛭ヶ岳を含め西丹沢は他の山域と比して、各峰の頂上は樹林に覆われ、踏み後も鮮明でなく、特に天候不順なときなど迷いやすい。
山腹は深い笹が茂り、沢筋は深く、落差のある滝が連続する。
地図上で実線で欠かれていても、登山道は鮮明でないところもあり、所要時間も記入されている以上に掛かることもしばしばである。

蛭ケ岳西稜にある蛭ケ岳〜御影沢ノ頭〜臼ケ岳〜金山谷乗越〜檜洞丸は、登り下りの道程が激しく、ハードなところである。
叉、この間の西沢源頭は、崩壊が進んでヤセ尾根となっており、鎖場も連続する難所で、特に下りでは浮石や砂利を踏んで、転倒する登山者が多いといえよう。
秋の時期は、日没の時間も早くなり、日没後の道迷いにならないよう行動計画が必要であろう。



一般に丹沢は2000mもない低山の地域ながら、遭難事故は決して少なくない。

特に西丹沢は目的の山が奥まったところにあり、遭難件数も多く、年に数件の死亡事故も発生しているようだ。西丹沢の山岳救助活動をしている県警松田署が平成18 年の山岳事故の情報の纏めだと、遭難件数は16 件あったが、幸いにも死亡事故は無かったようだ。

遭難原因として道迷いが9 件で過半数を占め、地域としては檜洞丸周辺(犬越路を含む) に6 件も発生している。 


もしも、山道を外して迷い込んだ場合、高みの縦走路を目指すと猛烈な薮こぎが待っており、降ろうとすると峻険な沢筋が待っている。
いずれにしても余計に数時間の格闘が強いられ、即、遭難ということも考えられるのである。

西丹沢では、一般的な山域での常識が、逆に災いの元になることがあるのである。



尚、裏丹沢(道志方面)の登山口も数ヶ所あるが、何れも下山に利用されているようであり、小生も丹沢へは数十回入っているが、こちら側からの登行は1度もなかった。


いずれにしても丹沢山塊は概して高岳連山ではないが、1000m以上のピーク峰が60座以上もあることから、峻険の山塊といえるのである。


丹沢山塊の主な山名の標高順位

高度順位 山 名 標高(m) エリア
1 位 蛭ヶ岳 1673 丹沢主稜
2 位 不動ノ峰 1614 丹沢主脈
3 位 鬼ヶ岩ノ頭 1608 丹沢主稜
4 位 檜洞丸 1600 西丹沢
5 位 棚沢ノ頭 1590 丹沢主稜
6 位 大室山 1588 西丹沢
7 位 丹沢山 1567 丹沢主脈
8 位 熊笹の峰 1523 西丹沢
9 位 竜ヶ馬場 1504 丹沢主脈
10 位 同角ノ頭 1491 西丹沢
11 位 テシロノ頭 1491 西丹沢
12 位 塔ノ岳 1491 丹沢主脈
その他 鍋割山 1273 丹沢主脈
大山 1252 東丹沢
※ エリアは小生が勝手に決めたもので、
地理的に正式名称ではありません。
「主脈」は表尾根から丹沢山
「主稜」は丹沢山から檜洞丸
「西丹沢」は中川川ルート




次回は、「丹沢の渓谷」     丹沢山塊(11)、丹沢の谷筋


        
旅と山旅     槍−穂高縦走     立山、剣登山    山行記録     関東百名山     日本百名山

【本文関連情報


【小生の旅のリンク集】
旅の紀行・記録集
山の紀行・記録集 山のエッセイ
「旅行リスト」
日本周遊紀行「東日本編」
日本周遊紀行「西日本編」
日本周遊紀行 (別URLです)

【日本の世界遺産紀行】 
北海道・知床  
白神山地 
紀伊山地の霊場と参詣道 
安芸の宮島・厳島神社  
石見銀山遺跡とその文化的景観 

ハワイ旅行2007
九州旅行2008
沖縄旅行2008
北海道道北旅行
北海道旅行2005
南紀旅行2002

鎌倉・湘南紀行


「山行リスト」 

立山、剣(天の記)(1971年)
白馬連峰登頂記(2004・8月)
北ア・槍−穂高(1968年)
上高地・明神(2008年)
南ア・北岳(1969年)
八ヶ岳(1966年)
八ヶ岳越年登山(1969年)
谷川岳(1967年)
丹沢山(1969年)
西丹沢・大室山(1969年)
西丹沢・檜洞丸(1970年)
丹沢、山迷記(1970年)
奥秩父・金峰山(1972年)
「上高地雑感」
「上越国境・谷川岳」
「丹沢山塊」
「大菩薩峠」
 


スキーの記録  
「スキー履歴」